坂田靖子プロフィール&年譜


■石川県金沢市在住 漫画家 女性

■1975年「再婚狂騒曲」(『花とゆめ』白泉社)にてデビュー。
デビュー作がコミカルな作品だったため、そのまま続けてコミカルを得意としファンを獲得。
同社『LaLa』掲載「バジル氏の優雅な生活」はイギリス・ヴィクトリア王朝時代の有閑貴族バジル氏を主人公にし、小姓であり機転の利くルイ君とともに周囲に巻き起こる様々な人間ドラマや事件の解決をオムニバス形式で描きヒット作となる。
そのほか「闇夜の本」「アジア変幻記」などファンタジー作品も数多く描き、掲載誌の幅も広く女性だけでなく男性ファンも多い。

■商業誌デビューの後も金沢を拠点とする同人誌『ラヴリ』の発行に関わり続け、いわゆる「やおい」と言われる分野の創成期(!?)に大きく関わる。
商業誌ではコミカルな短編作品を主としていたが、同人誌ではシリアス長編で同性愛をテーマにした「アモンとアスラエール」、原作のある「誇り高き戦場」などを描き、最近では長編シリアスファンタジー「ベルデアボリカ」を自主刊行、のちに商業誌に掲載を移しコミックスも刊行された。

■2013年、「のちの物語」(「ベル デアボリカ」)をハーレクイン社「夢幻燈」にて掲載。

■短編を主とする作家のため、その作品の数の多さ、幅の広さは特筆すべきである。



*年譜修正準備中(現在、腱鞘炎発症中の為各所更新作業中断しており、申し訳ございません〜〜。)